2005年07月31日

奨学試験

 Wの奨学試験を受けた。答練の問題が多かったのでまあまあ解きやすかった。1時間ちょっとで全部解けた。が、微妙な肢がいくつかあったのでそんなに期待できないかもしれない。
 帰りに受験仲間と昼食を食べた。話題はもちろん本試験のことだ。答えあわせをしていない人もいたが、その人は話し振りからすると、多分いけてるんじゃないかと思う。
 自分はというと、書式はかなり出来たが、2次択一が肢きりぎりぎりなのであまり期待せずにいようと思っていた。しかし友人と話しているうちに、やはりどうにか採点して欲しいという気持ちと書式があれだけできたのにすごい悔しいという気持ちでまたもや落ち込みそうになってしまった。それに来年これだけ書式ができるとは限らないと思うと、これからまた1年勉強することに不安を感じる。
 本当に勉強を続けて受かるんだろうか。不安はつきないもんだ。
posted by 六雲 at 00:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。